とある共同活動のベストな関係

職場や家庭、サークル、部活、イベンド…..etc..

少しだけでも良いので男性は女らしさを振る舞い、女性は男らしさを振る舞う。
そんな職場が大きくなるんだろうって思う今日この頃。

女性の社会進出が当たり前になったことは歓迎すべきこととされているが、ジェンダー的な意味で男らしくあることを余儀なくされた部分があり、それを残念に思う人もいる。
それなら、ジェンダー的な意味で男らしくいても、ジェンダー的な意味で女らしくいれる場所があれば良い。

男性について言えば、今の時代、ジェンダー的な意味で男らしさだけでいると競争社会で淘汰されてしまう。昔と違う今の競争社会では、男らしさだけでは通用しない。男性でも女らしく表現できれば、集団内で良好な関係を築いていくことに役立つでしょう。

少し話は変わるが、新宿2丁目のLGBTエリアに通っていた時期があったが、ゲイの人は面白くて和を作るのが上手です。女らしさがあるからでしょう。だからと言って、男らしさが無いってことは無いんだろうけど。

一番は自分らしくいること。そのためには男性なら男らしくいることに拘らずに、女性なら女らしくいることに拘らなければ良い。拘ってはいないんだけど、そうなってしまうのが染みついた文化、習慣、癖なんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です