夢を見た。

ヘリコプターのような浮遊体が大きな物を吊るしながら空を飛んでいた。目的地に着いたので、頑丈なワイヤーロープをゆっくり下げながら地面に置こうとしたが、なぜかロープが切れた。数百トンもある大きな物は天井を破壊し、地面に落ちて、とてつもない地響を生じさせた。

朝、目が覚めて、この夢は何だったのか考えていた。怖い夢だったけど、お守りのような夢だったのかもしれない。


俺はですね、ここのブログに、こんな訳の解らないようなことを書いて馬鹿じゃないかって思うことがありますよ。

何か思いついた時に全てではないか、こーいうことを書き記す理由は、まず1つ目は、頭の中を整理してイメージを明瞭にしたいからです。あと、アクセス数は少なくてもネット上に公開されているということで、誰かに見てほしいという気持ちがあります。あと、誰かに見られるかもしれないという心理もありますが、それは一歩踏み出して、自分の心を解放する手助けに使っているということもあると思います。
アクセスしているユーザーを大別すると求人応募者と顧客です。
求人応募者に対してはですね、うちは小さな会社だから、どんな職種であっても、社長という私との距離は短いほうで大きな会社に比べれば接点も多くなるから(とはいっても少ないですが)、この俺がどんな人間なのかを可能な限り知ってもらってから応募して欲しいと思ってるんです。社長は厳しい存在で変わり者が多いから、入社後のミスマッチを減らしたいからです。
お客さんについては、ここまで見る人は、すごく少ないです。でも、たまに見る人もいるから、落ち着いた貫禄をだして社長らしいことでも言っておけば良いアピールになるのかもしれませんが、ここの階層までアクセスしてくるようなお客さんは、俺と一緒におそらく変わり者だと思うので、本音で語っていたほうが良い関係になるんじゃないかと思ってます。たまたま今日、俺は出社したんだけど、お客さんが来店して、「社長さんですか?」と言われたから、「はい」と答えると、「ネットを見まして( ^^)」って言われた。たぶん、アホな人もいるもんだな~って面白がってくれたのかもしれない。
それから、俺のことを知っている縁のある人たち、寂しい言い方だけど縁のあった人たちも数ヶ月や数年に1回くらいはアクセスすることもあるでしょう。年齢を重ねるごとに、再会する機会が少なくなります。人間の一生を考えれば、もう会うことも無い人のほうが多くなる。仲良かった人たちでさえ・・・・・・・。もし、アクセスしたならば、再会できる切っ掛けになれば嬉しいけれど、逆に遠ざけてしまうこともあるのかもしれません。でも、良き思い出は忘れないで。そして、嫌な思い出は忘れて。

・・・・・・・。あのですね、、、、僕は、本当は、きっと無意識レベルでは知っていたんです。うちの会社が大きくなれない本当の理由を。

細かな説明はしないけど、うちの会社は伸びしろはあると思う。その大きくなれない本当の理由を改善できれば良いんでしょうが・・・・・。

理由を突き詰めていけば、僕に原因があるんです。

もう、このことは、これ以上、書けねーっす。考えるのも困難です。


今日、俺だけですが、少しだけ会社に出社したあと、銀座に行きました。お目当ての店は休みでした。なぜだか、アクセサリー嫌いな俺は時計を買いたくなったんです。たぶん、怖い夢を見たから、お守りのような物を身に着けたくなったのかもしれない。銀座の正規店が休みだったから、新宿の店に行った。そして、店員さんにお目当ての時計について尋ねたら、今年から需要が増えているそうで、品切れと言われた。確かに、そのお目当てのブランドのコーナーには何も無かった。特に11月~12月にかけて前例の無い需要増による高騰が起きているようです。お目当ての時計は10年前くらいの価格からしても2倍くらいに跳ね上がってます。さて、これを俺は、どう解釈するべきか。どうにかして探し出して手に入れるべきか。それとも、一時的かもしれない投機対象のようになっている時計なんかに目もくれずに本当の美しさを求めるべきかなのか。例えば、シニカルに言うわけじゃないけど、そんなニュアンスもはいっちゃうけど、沖縄あたりの売店で販売されているようなハンドメイドのパワーストーンあたりにするとかね。

本当の美しさって何だろうか。やっぱ、偽善じゃいられないのかな。


今年、最後に一言。

余裕は必要。心の余裕、金の余裕。

そんなことを考えながら、今年最後の綺麗な月明りに照らされて格好付けながら高速を走り、今ここにいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です